ロゴ

レシチンが脳の働きを良くする!うつ病や認知症の方は要チェック

脳の健康を守るために必要なレシチンを知る

女の人

脳の健康に必要なもの

物忘れがひどくなると、自分が怖くなってしまうこともありますよね。どうしても高齢になると、脳は委縮していきます。しかし、いつまでも生き生きと過ごすには、脳も健康にしていかなければなりません。脳には、レシチンが良いとされています。レシチンは、脂質の仲間です。悪玉コレステロールを減らしていく効果や、神経伝達にも良いとされているでしょう。神経伝達の助けをしてくれるので、脳が活性化されていくのです。

サプリメント

うつ病や認知症にも効果アリ

脳の活性化に良いレシチンは、うつ病や認知症患者に良い働きをすると言われています。なぜなら、どちらも神経伝達が上手くいかないことで起こるとされているためです。レシチンを摂取すれば異常だった神経伝達が上手くいくようになり、うつ病などの改善へと繋がっていきます。

レシチンには2種類ある!大豆レシチンと卵黄レシチン

大豆レシチン

レシチンは、実は2種類あります。その1つが、大豆レシチン。大豆レシチンは、その名前の通り大豆に含まれているレシチンです。作用としては、肝臓や血管にとどまってくれるので肝臓を守り、血液中のコレステロールも下げてくれる働きをみせてくれます。

卵黄レシチン

もう1つが、卵黄レシチンです。こちらも名前からわかる通り、卵黄に多く含まれているものになりますが、特徴は違います。こちらは、脳の神経伝達に欠かせないものがたくさん含まれています。そのため、認知症など脳への働きをよくみせるでしょう。

広告募集中